読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生き方追求ブログ

色々試行錯誤しながら自分自身の生き方をマイペースに追求するブログなのです。

さようなら、私の好きだった会社

f:id:dosei_3:20161008170031j:plain

 

早期退職の募集があってから、直ぐ様、退職届を提出しました。

 

その後、当たり前ですが、課長に呼び出しをくらいました。

君は評価高いのに何で辞めるんだ!?

とか、仰ってくれました。

コメントは嬉しかったのですが、

評価高いのと、私の考えとは全く関係無いなので、退職は覆りません・・・

 

しばらくして退職が受理されました。

当時は会社の売上に対し明らかに社員が大量にいたため、

評価の高い低いに関係なく、ドラスティックに退職が決定されたみたいです。

一部では退職勧告されて辞めさせられている人もいましたが、

退職する私自身、『会社の状況を考えると止む得ない。』と思っていました。

それだけ会社の経営は誰が見ても破綻していました。

 

退職が決定すると仕事をおざなりにして、さっさと大量に有給を取る人もいますが、

私はお世話になった会社に恩返しのつもりで、

最後の一踏ん張り!』と、少しだけヤル気を出して頑張りました。

半導体の設計をするのもこれで最後だから・・・』という想いもあったと思います。

会社を辞める一ヶ月前なのに、仕様のことで他部署の方と揉めてしまいましたが、

負けじと自分の意見を通したりもしました。

とにかく、『立つ鳥跡を濁さず』。

退職日まで自分が出来ることを綺麗に終わらせるつもりで頑張りました。

 

そうしている内に社内でも退職者が公表されました。

周りの方は私が辞めることを惜しんでくれ、

なんで君が辞めるんだ!?』という問い合わせが殺到しました。

わざわざ私の席まで来てくれて、絶句する人もいました。

仕事の進め方が悪く、いつも関係者に迷惑かけていた自分でしたが、

一応、気にかけてくれる人がたくさんいたことに気付かされました・・・

 

 

仕事も一通り片付け、いよいよ最終出勤日になりました。

近所の洋菓子屋で高めのお菓子を持参し、お世話になった人々に挨拶をします。

 

周りから見ればよく分からない理由で辞めてしまう自分だったと思いますが、

早くやりたいことが見つかればいいね!

と、励ましてくれる方もいれば、

君の仕事の進め方はこうするともっといいよ。

と、アドバイスをくれる方もいました。

当時のチームリーダはちょっと涙ぐみつつ、

ホント頑張れよっ!

とベチっと腕を叩かれて、激励されました。

 

席にいない人にはお礼を一言書き添えた付箋を貼ったお菓子を置いておきましたが、

中にはそれを見つけて、私の席までねぎらいの言葉を

言いに来てくれる方もいらっしゃいました。

辛い会社生活でしたが、一緒に仕事をしてきた方には感謝の気持ちで一杯でした。

 

挨拶も済み、いよいよ終業時間となりました。

 

当時のチームの皆さんに最後の挨拶をし、総務に社員証を返却し、

社員用入り口に向かいます。

 

会社警備員『お疲れ様でした。

 

私は軽く会釈して社員用入り口を出ます・・・

 

『・・・』

 

この【お疲れ様でした。】を聞くのも最後なんだな・・・

 

この通路を歩くのも最後なんだな・・・

 

この建屋に入ることは二度と無いのだな・・・

 

『・・・』

 

そんなことを考えていたら、が出てきました。

 

私はこの会社が好きでした。

 

会社のために私なりに一生懸命頑張ってきました。

 

その会社をこんなに早く辞めるとは思いもしませんでした。

 

色々な思いが溢れ、涙が止まりません。

 

この後、同期がささやかな送迎会を開いてくれましたが、

開始時刻まで近くのレストランで涙を収めるので必死でした・・・

 

同期の送迎会では最後に胴上げをしてもらいました。

この胴上げは最初の同期が辞める時、

私が皆に提案してやり始め、

それ以降退職する同期がいると毎回実施していました。

まさか自分がされる時が来るとは考えてもいませんでした。

 

そんなこんなでついに私は正式に会社を辞めてしまったのです・・・