読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生き方追求ブログ

色々試行錯誤しながら自分自身の生き方をマイペースに追求するブログなのです。

そして退職へ~目指せダウンシフター~

退職することを決めた私ですが、今後どうすれば良いか分からず、

地を這うナメクジのようなモチベーションで仕事を続けていました。

 

そんなある日、適当に仕事を切り上げ、

自宅に戻った私は何気なくTVをつけた際、とある番組の人物に釘付けになります。

 それが、減速して生きるMr.ダウンシフターズこと髙坂勝氏でした。

  

ameblo.jp

 

一流企業を辞め、週4日のバーを営み、その他の時間は自分の好きなことに使う。

競争社会から降り、収入は減るけど、その分自分の好きなことに時間をかける、

ダウンシフトという生き方。

『こんな生き方許されない』とまで考えていた私には衝撃でした。

目から鱗が取れたとはまさにこのこと。

 

ろくに本も読まない私でしたが、直ぐ様、髙坂勝さんの本

『減速して自由に生きる: ダウンシフターズ (ちくま文庫)』

を読みました。 

減速して自由に生きる: ダウンシフターズ (ちくま文庫)

減速して自由に生きる: ダウンシフターズ (ちくま文庫)

 

 

髙坂さんの本では企業を辞めてから、どのようなことを考え、

如何にバーの経営を初めたのか、非常に具体的に記載されていました。

 

ダウンシフトという生き方。

是非自分もチャレンジしてみたい。

ダウンするのにチャレンジとは如何に。。。

 

その後、

『本気で辞めたくなったら会社辞めてしまってもいいか・・・』

という思いが生まれ、少し気持ちが楽になり、

多少は仕事へのモチベーションを上がりました。

 

髙坂さんの本を2ヶ月ほどかけようやく読んだあと、

意を決して髙坂さんのお店『たまにはTSUKIでも眺めましょ』に行くことにしました。

※以下髙坂さんのお店は『たまTSUKI』

 

『たまTSUKI』は池袋駅から20分ほど歩いた、

非常にわかりづらいところにありましたが、

Googleマップを駆使し、何とかお店の前に着きました。

 

『TVのまんまだ・・・』

 

既に店内には明かりが着き、営業しているようでしたが、緊張して入れません・・・

お店の周りを10分ほどウロウロしてようやく意を決して入りました。

 

入るとそこにはTVで見たままの髙坂さんがっ!

アタフタしていると、髙坂さんから

ここ初めて??

と言われ、私は頷きます。

 

靴を脱ぎ、カウンターに座ります。

メニューを見ても良く分からないので、

適当にビールとオススメされたものを注文します。

 

BARに行ったこともろくに無かったのに加え、

髙坂さんが目の前に居ることでさらに緊張に拍車がかかりました。

 

取り敢えず、ビールで緊張を抑えながら、

注文した野菜盛りなどの料理を頂きます。

 

う、うまいっっ!

『たまTSUKI』ではオーガニックな食材を中心にメニューが組まれており、

初めて食したその味に感動しました。

 

お腹をある程度落ち着かせたところで、

髙坂さんから『たまTSUKI』に来た理由を尋ねられました。

『今の会社でやり甲斐が見いだせなくて・・・』

髙坂さんとはあまり話せませんでしたが、少し私の状況を話しただけで

そんな会社辞めたほうが良いよ!

と言ってくれました。

なんの根拠も無かったとは思いますが、

自分に味方が出来たようでとても嬉しかったのは覚えています。

 

その日は他に来ていたお客さんとも話をさせて頂きました。

 

皆さん、何か悩みを抱えているようでしたが、

話しているうちにみんな笑顔になっていきました。

 

私は嬉しくて、楽しくて、飲みすぎてしまい、

泥酔してトイレを汚してしまいました(苦笑)

※後日、陳謝いたしました(汗)

 

その後、髙坂さんとはメールでやり取りをさせてもらい、

『辞める勇気』、『人生を選択する勇気』を頂きました。

 

それから何の因果かタイミング良く(?)会社で早期退職の募集がかかりました。

今回、さらに対象者の年齢が下がり、私も応募出来る権限がありました。

 

その通知を見て、今後のことは何も決まってはいなかったのですが、

私は何の迷いもなく、退職願を出したのでした。。。