読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生き方追求ブログ

色々試行錯誤しながら自分自身の生き方をマイペースに追求するブログなのです。

ノーテンキな大学時代

f:id:dosei_3:20160806203040j:plain

一浪までしたのにもかかわらず希望していた地元の大学に行けなかった私は、

私はなんとも言えない敗北感にまみれ、

上京し東京の大学に通うことになりました。

 

『これからどうなるのだろうか?』

『一流の大学に入れなかった自分の人生はもうダメなのだろうか・・・』

 

今思うと大学に失敗したから人生が終わりなんて馬鹿げた話ですが、

当時の私は本当にそう考えていました。

入学したのは一応工学系の大学だったのですが、

中学時代に抱いていたエンジニアの夢も徐々に薄れていったように思います。

 

ともあれ大学生活が始まりましたが、

なんとなしに決めていたことがありました。

高校時代、深夜ラジオから音楽好きになり、CDを買い漁っていた私は、

楽器を弾けるようになりたいという淡い野望(?)を抱いていました。

そして『バンドを組んで、プロデビューか??』

そんなことを考え、軽音楽部に入部したのでした。

 

軽音楽部に入ったものの、周りは経験者ばかり。

楽器にろくに触ったことも無い私。

そんな私は部内に少ないという理由のみでドラム担当に。

実はギターをやりたかったのですが、それではバンドに入れてもらえません。

しぶしぶドラムをやることになったのですが、衝撃の事実が発覚します。

私は壊滅的にリズム感が悪かったのです。

練習の度にメンバーに説教されることに・・・

一年位続けていましたが、ドラム自体そこまで興味がなかったのもあり、

全然上達せず、軽音楽部にも足を運ばなくなってしまいました。

当時抱いていた淡い夢を私はあっさりと諦めてしまったのです。

それ以降は

授業→バイト→自宅でゲーム

という、またしても盛り上がりのカケラも無い大学生活をおくってしまったのです。

 

ノープランなダラダラとした生活を繰り返していたのですが、

そんな生活をいつまでも続けるわけにはいきません。

大学4年ともなると工学系学生は研究室に入り、

就職するか、大学院に進むかの選択をしなくてはいけません。

 

さらに研究室の選択がその後の入社する会社の方向性を決めるということもあり、

かなり重要な時期です。

 

この時、相変わらず私は何も考えていませんでしたが、

友人が半導体の研究をしたいという話を聞き、こう思いました。

 

半導体っ!よく分からないけどなんか知的で面白そうだ〜っ!!』

 

私はなんとなくのイメージで半導体を扱う研究室に入ることにしたのです。

この時の選択がその後の人生を決めることとは知らずに。

 

<まだダラダラと続きます>